土地から選ぶ一戸建て、立地で気を付けたこと

我が家は土地から探して一戸建てを購入しました。その際、住宅に関わる沢山の方の話を聞きましたが、皆さんが共通して言っていたのは「住宅は【買って良し】【住んで良し】【売って良し】と思える物件を買いましょう」ということです。この観点から、新築・中古に関わらず一戸建てを土地から探す場合、立地について気を付けることについてご紹介します。
まず、おすすめできないのが「旗上」と言われる土地です。道路に面した土地ではなく、細い道とその先にある奥まった土地を合わせた形が「旗」のようなので、そう呼ばれています。「旗上」の土地は、道路に面した土地よりも売りにくい傾向にあります。購入する際は隣り合っていても「旗上」の土地の方が安いので魅力的に感じるかもしれませんが、将来的に売ることを考えるとおすすめできません。
また、家に面した道路が細すぎる土地も避けるほうが無難です。「旗上」の土地と同様に需要が少ないからです。
大きな買い物ですので、購入前に買うこと、住むこと、売ることをよく考えて選べると良いですね。