住宅に西日が入りずらい間取りにする

採光性は、家作りの大切なテーマの1つです。特に夏の暑さを考慮すると、日当たりなどは決して軽視できません。
例えばリビングの窓から、強い西日が入ってくるケースもよくあるのです。西日は、とても温度が高いです。室内温度を高めたくない時は、やはり西日は防ぐ必要があります。西日が入ってくる窓があると、やむを得ずにフィルムなどを設置せざるを得ない事もあります。
なぜそのような問題点が発生してしまうか言うと、太陽の光に関するシミュレーションが抜けているからです。そもそも注文住宅を作るなら、間取り図面も作成する事になるでしょう。その図面を見る際には、太陽の光はどこから侵入してくるかを、ある程度読み取っておく必要があります。
具体的にどの角度から太陽の光が入ってくるかを想定して、窓の位置などを決める方が良いでしょう。できる事なら、図面に矢印を書き込んでもらうのがおすすめです。太陽の光がどの方向から入ってくるかを矢印で書いてもらうだけでも、だいぶ西日のトラブルを防ぎやすくなります。